お問い合わせ

採用情報

RECRUIT

そもそも建設とは

「建設」と「建築」を一緒に考えがちですが、2つには大きな違いがあります。

そもそも「建築」とはもともと「造家(ぞうか)」と言われており文字の通り、家を造るという言葉を表現しています。
建築基準法によると「建築物を新築し、増築し、改築し、または移転すること」と定義付けられており、具体的なイメージとして空間を持つ構造物の計画・設計・施工の過程をさします。また「建築物」と呼び、建物自体のことも言います。
「建設」とは、建築物を含む土木・林業・造園など建築以外の広範囲の構造物をつくることを表現しています。
建設という分野の中に建築があるといったイメージが1番持ちやすいと思います。

当社では建築(一般住宅や事務所など)をはじめ、建設(大型店舗や工場)などを幅広く設計・施工させていただいています。

建設業の仕事紹介

当社では、マンション・商業ビル・病院・公共施設・公園・道路・橋といったあらゆる建築・土木工事を行って「街づくり」に携わることで世間の豊かな生活空間を創造したり社会基盤を整備したりしています。

建設会社に必要なスキル

建設に携わるには必要とされる資格のうち代表的なものとして土木施工管理技士や建築士や管工事施工管理技士などがあげられます。
建設の仕事では技術的な作業が多く、現場の職人として働く場合には作業内容に応じた資格を取得しなくてはできないこともあります。

当社では資格取得を全面バックアップしています

入社時には資格・スキルを問いませんが、仕事上どうしても必要になってくる資格があるため、資格取得を目指す社員には会社でバックアップを行います。
働きながら専門学校にも通っていただくことができ、資格取得に対しては整っている社内体制があります。
先輩の中にも未経験からの入社があり、今では資格を何種も取得した社員もいます。
また、未経験の方は初めは現場の補助からおこなっていただき、施工図の作成補助など先輩の下で知識と経験をつんでいただける教育制度があるので安心してこの業界に飛び込んでいただけます。

採用情報

Copyright (c) 株式会社ケンチック. All Rights Reserved.